フローリング張替え

フローリング張替え

悩みがちなフローリングの張替え・・

 

決して安い金額ではありません。しかも色や材質を失敗したら簡単にやり直そうというジャンルでもありません。

 

ではなにを基準に選んでいけばよいのでしょうか? 選び方には様々な選び方がありますので順を追って説明していきます。

 

 

壁紙に合わせる

 

例えばリビングのフローリングを貼り替えようとします。今の色は置いといて、壁紙の色はどのようないろですか?よほどモダンでデザイナーチックで無ければ白系ではありませんか?

 

白系であればどんなフローリングの色でも合いますが、張った跡が問題なのです。ぶっちゃけ白系のフローリングは一番高級感があって見た目もゴージャスでエレガントですが、そのあとの維持が大変です。

 

一瞬で生活傷がついてしまうのです!家具跡はもちろんそうですが、何かを床に落としてしまっても落とし傷ができてしまい、最終的には傷あとが黒ずんできます。セレブに許された色なのです!しかし、コーティングという方法も存在します。フローリングの表面にワックスを塗布するのです。

 

その種類は様々で、ガラスコーティングが有名ではないのでしょうか?しかし費用が相当高いですwww 私個人の意見では効果もいかがなものかと・・・という感じです。普通のワックスで定期的に塗り替えた方が良いのでは?と思いますすね。

 

無難にいこうと思えば、茶色系です。傷も目立ちませんし、温かみがあります。

 

家具や建具に合わせる

 

最近の家は一昔に比べれば、かなり建具がオシャレになってきています。白系だったり、グレー系だったりしますね。建具が白系ならばなんでも合いますし、茶色系であればグレー系は合いませんよね??

 

なのでむしろ、家具にあわせるのがもっともベストではないのでしょうか?家具は人それぞれじぶんで購入しますので色彩に特徴がでます。

 

そんな難しくかんがえなくても全体的に色が調和していれば決して間違ってはいません。

 

またリフォーム費用をどれだけみているかによっても材質の選び方が変わってくるのでしっかり吟味したいところですよね

 

もう少し安くならないの?

広告1

フローリングのリフォーム工事金が「高くてちょっと手を出せないわ」という人は、フロアタイルという選択肢もあります。

 

フロアタイルとは、フローリングの材質と異なり塩化ビニールという材料を使用して作られています。ビニールといっても柔らかい訳でもありせん。また、耐久性に劣っているわけでもありません。

 

フローリングと違った特性を持っています。まずは単価金額がフローリングより安く済みます。また、水にも強く汚れにも強く、汚れた場合でも簡単に落ちます。

 

色も沢山そろっているので楽しいです。安いので私はフローリングよりこちらが好きですね。